コンテンツへスキップ

施術内容

当院の特徴

なかなか良くならない急性、慢性症状(頭痛、首、肩、腰、股関節の痛み)はオステオパシー等をおすすめ致します。
豊富なスポーツ経験から、スポーツ障害にも力を入れ、練習前後・試合前後のコンディションの維持に努めます。

オステオパシ-

オステオパシーはアメリカでは、ドクター資格として認められています。骨を意味するオステオと医学を意味するパシーから名付けられています。
悪さをしている関節に対し極めて弱い力で機能障害の方向に動かしていく。機能障害を誇張させることによって、脳神経にその状態を把握させ正常な状態に戻す信号を出すようにさせる。その結果自然治癒力が働き正常になるとの考えです。

筋膜リリース(IASTM)

器具による軟部組織可動療法です。
道具を使って筋膜の滑りを良くして、動きやすい身体に変えるテクニックです。
適用症状・注意など

 

スーパーテクトロンHX604

理学療法機器の治療器であり、オリンピック選手や野球選手も使用。
急性期~慢性症状まで適用。低周波、中周波、高周波、EMSトレーニングモードあり。

①痛みの治療・・首、肩、腕、腰、足などの痛みに対応。
②筋力トレーニング・・筋力強化、可動域の改善、持久力アップ。

EMSトレーニングモード

ダイエット効果・・脂肪燃焼、筋肉強化で体脂肪を減少させ太りにくい体質に変えていきます。

楽してダイエット、筋肉をつけたい方にオススメです。
※ 全身に使用する事が可能です。

例 お腹周りに使用、週に三回程度、来院。
ウエストが引き締まります。

例 腰痛予防
お腹まわりに使用、インナーマッスルを鍛える。

筋膜リリース(IASTM)

筋膜リリース(IASTM)とは器具による軟部組織可動療法です。
道具を使って筋膜の滑りを良くして、動きやすい身体に変えるテクニックです。

適用症状

運動制限 運動時の痛み 運動制御の問題 筋の動員の問題

通常使用される条件

内側上顆炎 外側上顆炎 手根管症候群 首の痛み
足底筋膜炎 肩腱板炎 膝蓋腱炎 後脛骨筋腱炎
ばね指 股関節痛(人工関節)腸脛靭帯症候群
シンスプリント 慢性足関節捻挫 筋緊張
急性足首捻挫(上級テクニック)
瘢痕(外科、外傷)

禁忌

開放創、感染症、腫瘍(ガン)
ペースメーカー、内部除細動器、
抹消抽入型中心静脈カテーテル/ポンプライン
深部静脈血栓症 頸動脈洞